プリウスの限界値引きを一度の商談で!

プリウス一発値引き交渉術!

プリウス一発値引き交渉とは、1度の商談だけでプリウスから限界値引きを引き出して、プリウスを安く買う方法です。

当サイトでしっかりと事前準備をして、目標金額を設定してからディーラーに行けば、1度の交渉だけでプリウスを安く買う事が出来ますよ!


プリウスの目標値引き金額

プリウスの値引きが今現在いくら可能なのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)プリウス値引き口コミも参考にどうぞ。

プリウス車両本体からの目標値引き額(2017年7月現在)

28万円

オプション総額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的にプリウスの値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5~10万円
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5万円以上
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+5万円前後
※参考 プリウス実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、プリウスの値引き合格ラインです。

さらにプリウスを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の瞬間的に値引きが多くなる時期のプラスアルファ分の値引きも考慮して、一発値引き交渉で提示するプリウスの購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、今の価格を調べて希望予算に組み込んでいきましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

 

プリウスの諸費用

プリウスS ツーリングセレクションの諸費用です。

車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、プリウスの定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 140,337円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 11,480円

・登録諸費用 65,817円

 

プリウス一発値引き交渉を実践する!

上記のプリウスの車両本体からの値引きとディーラーオプションからの値引き、時期によって上乗せ出来る値引き金額をプラスすれば、プリウスの限界値引き額が出てきます。

車両価格+オプション価格+諸費用ープリウス限界値引き額=理想の総支払額となります。

この理想の総支払額をトヨタディーラーにぶつける訳ですが、ただディーラーに行って「この金額にしてください」と伝えて成功するかどうかは、まず難しいと思います。

ではどうすれば成功する確率を上げることが出来るのか?それは他のトヨタディーラーとの競合です。

プリウスはトヨタ全店扱いです。「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」の4チャンネルで販売されています。

これら4チャンネルは、一部の地域を除いて経営する会社が異なるので、トヨタディーラー同士の競合が出来るのです。

例えばトヨタ店とネッツ店を競合させて、プリウスの値引きを引き出すといったことが可能になります。

実際プリウスを始め、アクアやシエンタなどトヨタ全店で販売されている車種では、トヨタディーラーの争いを利用して値引き交渉する方法がメジャーになっています。

 

プリウスはハイブリッドカーでは非常に人気が高いので、他メーカーの車種と競合させても一定の効果はありますが、限界値引きまで引き出せるかと言ったら厳しいです。

であれば、トヨタ全店扱いを利用してトヨタ同士の競合に持ち込んだ方が、他車と競合させるよりも競合効果が高くなり、プリウスの値引きを成功させる事ができます。

トヨタの営業さんも、他社との競合よりもトヨタ同士の競合の方が本気度が高くなり、値引きを頑張ってくれる傾向にあります。

実際にプリウスから1度の商談だけで限界値引きを引き出すには、このトヨタ同士の競争を利用します。ディーラーに行ったら参考までに以下のようにやってみましょう。

プリウスの購入を考えていて、カローラ店で商談中です。値引きも頑張ってもらいましたが、予算が限られているので現状は厳しい状況です。もし希望の予算まで値引きを頑張ってくれたらこの場で契約しようと思います。ダメならカローラ店へ行きます。希望金額は○○万円です!とやります。

もしセールスさんからOKが出ない場合は、希望の条件を少し緩めて、再度商談することも可能です。

もしくは、トヨタ全店扱いを利用して他の系列違いのディーラーへ行って、再度プリウス一発値引き交渉をやっても良いでしょう。

トヨタディーラーの中で値引きが多くなる傾向のディーラーは、

ネッツ店 > カローラ店 > トヨペット店 = トヨタ店

のイメージです。

ネッツ店やカローラ店に絞ってプリウス一発値引き交渉を仕掛けても良いでしょうね。もちろんトヨタ店やトヨペット店でも大幅値引きが出ることはあるので、自分が利用しやすいディーラーを選ぶと良いでしょう。

 

事前に値引き条件を伝えておく方法も

プリウスの購入を急いでる場合は使えない方法ですが、もし購入期間に余裕があるなら、事前にディーラーへ希望金額を伝えておく方法があります。

年間で値引きが多くなる購入時期(2~3月の年度末決算期、6~7月のボーナス時期、8月~9月の中間決算期、12月の年末商戦)を狙って、事前にプリウスの購入条件をディーラーへ伝えましょう。

「もし希望する条件になれば、いつでもプリウスを購入するので、この条件で出来る時があれば連絡をください」と伝えます。

これを値引きが多くなる購入時期の2週間~1ヶ月位前にセールスさんに伝えておけば、販売目標を達成したいセールスさんから連絡が来るかもしれません。

不確定要素が強い方法ですが、意外に成功するケースが多い購入方法でもあります。待てるならおすすめの方法ですよ。

 

下取り車があるならプリウスがさらに安く買える

もし下取り車があれば、プリウスの総額がさらに安くなるチャンスがあります。

プリウスの値引きは気にするけど、下取りには意外と関心が薄い人が多いです。

下取り車こそが、値引き交渉が苦手な方がプリウスを安く買うための大きな武器になるのです。

 

セールスマンの10人に8人はウソを付いている??

下取り車があれば、まずディーラーで査定してもらう人がほとんどでしょう。

ここで気をつけたいのは、ディーラーの査定はとても安く見積もられている可能性が高いです。

セールスマンがウソを付いているとは言えませんが、ほとんどのケースで下取り金額を安く見積もることで、その後の交渉を有利に運ぼうとするセールステクニックが見られます。

例えば、50万円の相場がある下取り車を30万円で査定しておきます。

その後、「値引きの代わりに下取り金額を40万円にするので契約してもらえませんか?」と伝えてきます。

これをやられると多くのユーザーは、「10万円もアップするなら決めてしまおう」となる訳です。

本当は、さらに10万円も上がる余地があるので、実際には10万円分損することになります。反対にディーラーは10万円分利益が上がる訳ですね。

こうしてユーザーは営業マンのセールステクニックにやられてしまうのです。

 

セールステクニックに騙されないためには?

セールスマンに騙されないためには、買取店に査定してもらい自分の車の実際の中古車相場を把握することです。

以前、管理人が軽自動車を買い替えたときですが、ディーラーに査定してもらった所39万円の査定金額が付きました。

次の新車を少しでも安く買いたかったので、下取り車がもっと高くならないかと買取店の査定サイトに申し込んでみました。

 

カービュー査定

申込後、すぐに画面上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、そこで出た金額は59万円でした。

なんとディーラーの査定よりも20万円も高かったのです。

この59万円をディーラーへ伝え「同じかそれ以上にして欲しい」と伝えると、下取り金額を上げてきました。

その時の契約書です。

 

最初の下取り金額39万円から18万円アップの57万円になりました。

査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、管理人の軽自動車はカスタム系なので標準車よりも査定が出せる、との事でした。

そんな事も知らずにディーラー任せで下取り車を出していたら、18万円も損することになっていました。18万は大きいですよね・・

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで、さらに18万円安く次の新車が買えたので、プリウスの値引き交渉が苦手な方でも簡単に出来るオススメの方法です。

この時は買取店の金額とディーラーの金額がほとんど同じだったのでディーラーへ下取り車を出しましたが、買取店の方が高ければ買取店へ売っても良いでしょう。

この時利用したかんたん車査定ガイドなら、1分程度の入力後すぐに買取相場が表示されるので、自分の車の相場をかんたんに把握できます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

PAGE TOP